トップページ > 教えてMr.アパマン > 社員レポート

教えてMr.アパマンStaff Report

社員レポートStaff Report

熱中症について

営業部 松本 憲
営業部 松本 憲

 6月に入り20℃越えの日が続くようになってきました。本格的に夏が近づいてきたと感じます。こう暑くなってくると気をつけたいのが熱中症です。夏になるとニュースでも頻繁に取り上げられますが気を付けていても毎年熱中症で倒れる方が続出しています。

 熱中症と聞くとスポーツなどで外で動いている人がなりやすいというイメージがあり、室内に居ることが多い人は油断しがちですが室内でも熱中症になることがあります。室内に居たとしても熱気や湿気のある場所、家の中で言えばお風呂場や洗面所など、こういったところでは体の水分が奪われやすく水分不足になりがちです。もちろん居間などでも気温の高い日だと湿度が高くなり熱中症の危険が増します。

 室内に居るからといって油断せずこまめな水分補給やお部屋の換気など熱中症対策には気をつけたいと思います。特にこれから7月、8月となるにつれてますます気温が上がっていく時期ですので外出時はもちろんですが、室内の環境にも十分に気をつけてください。

ページトップへ戻る