トップページ > 教えてMr.アパマン > 社員レポート

教えてMr.アパマンStaff Report

社員レポートStaff Report

「降雨量の多い夏」

遠藤
遠藤

日本列島各所で連続猛暑日や豪雨災害のニュースが多い今年の夏。
北海道も蒸し暑い日が多く、降雨量が過去最高を記録するなど異常気象が続いています。

お盆期間中も雨の日が多く、夏休みらしい思い出作りができませんでした。
また、8月後半からは次々に発生する台風で交通機関が乱れ、当社に来店されるお客様にも影響がありました。
賃貸は総じて短期利用の再契約が多くあり、年末までの新規の短期契約をはじめ、法人の複数利用も引き続き取引がありました。

秋から冬にかけては、厳冬期前に都心へ住み替える希望者が出てくる時期ですので、物件の確保と住みやすい環境を提供することが大事になってくるでしょう。特に高齢者はマンションエントランスの段差や、室内の移動にも気を使いますので浴室やトイレに手すりが必要な場合も出てくると思います。

マンション管理組合でも、エントランスの段差を、スロープに変更できるように工夫しているところもありますが、高齢者専用住宅のような目線で変えるには費用もかかりますので難しいようです。

最近はコンパクトカーと呼ばれる車両でも、高齢者を意識した仕様になってきており、後部座席に乗り込む際の負担が軽いものや、ドアが突然の風圧で開かないように細かい配慮がされているものがあります。

札幌は長く寒い冬に向けて、燃焼器具などの点検や清掃が必要な時期に入ります。冬には冬ならではの賃貸需要があるのが国際都市札幌の特徴です。
まだ残暑厳しい時節柄とは思いますが、賃貸物件をお持ちのオーナー様にはご理解とご協力をお願い申し上げます。

ページトップへ戻る