トップページ > 教えてMr.アパマン > 社員レポート

教えてMr.アパマンStaff Report

社員レポートStaff Report

地震と不動産投資

営業部 尾元 隆博
営業部 尾元 隆博

 平成30年9月5日札幌で台風があり、札幌市内でも被害が結構ありました。翌日の9月6日は、北海道で大きな地震があり、その影響で北海道全域での停電という初めての体験をしました。
 9月6日は、停電した影響で銀行窓口やATMは動かず、翌日には動き送金手続きができました。
 電気を使うものは、使用できないという現代のもろさを知りました。
 こんな時は、手持ちの現金が役に立ち、ATMで降ろせない現金やカードや仮想通貨も使えないのが現状。

 地震直後は、上階の方はエレベーターも止まり階段での昇り降りはとても大変で、タワーマンションの人はどうなっているんだろうかと思いました。
エレベーターは、数日で復旧したようで良かったです。

 地震後は、上階のマンションが売りに出されていたが、買う人が少ないのか売買の動きが無かったように感じます。
 部屋を借りていた方は、急きょ解約して地元に戻った人が数人いましたが、地震くらいでは生活の影響は1週間くらいでだいぶ戻り2〜3週間後にはある程度戻っていました。

 地震後の10月には、札幌のマンション購入(不動産投資として)の動きが出て売買取引もあり、購入に意欲のある方がいらっしゃいました。

 札幌も地震の被害はありましたが、大きく被害のあった地域は一部でしたので、地震があっても大丈夫な地域のマンション購入(不動産投資として)が、今後もあるかと思いますので適切なアドバイスや地域性など伝えていければと思います。

 2030年には、札幌駅に新幹線が開業と同時に札幌駅南側が再開発でホテルなどの複合施設ができる予定で楽しみです。

ページトップへ戻る