トップページ > 教えてMr.アパマン > 社員レポート

教えてMr.アパマンStaff Report

社員レポートStaff Report

部屋の温度

営業部 大原 鉄矢
営業部 大原 鉄矢

 先日、「断熱改修で居住者の起床時血圧が低下」という記事を読みました。
国土交通省の調査結果で、断熱改修を予定している住宅を対象に「改修前」「改修後」の健康調査を行い比較をしたそうです。結果、断熱改修により室温が年間を通じて安定している住宅では、居住者の血圧の季節差が顕著に小さかったほか、改修後に居住者の起床時の最高血圧が低下すること判明しました。
 また、「冬の快適温度は16〜19度が理想的」といわれているそうです。布団や毛布を使うことによって、室温が3度(!)まではよく眠れるとされています。ただし、室温が低いと、呼吸によって肺が冷やされて体温が下がりすぎ、睡眠の質が悪くなります。その為、気持ちよく眠れる室温は、16〜19度の範囲といわれています。
 年齢によって、快適と感じる寝室の温度には特徴があります。若い人は室温が高めのことが多く、高齢者は低めにしがちのようです。高断熱の住宅で育ってきた若者は、寝室も温かくしておくものと思い、高齢者は眠っている間に部屋を暖めておくのはもったいない、と考える方が多いことも要因のひとつだそうです。
 布団の中と部屋の温度に大きな差があると、目覚めて布団を出たときに血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。高齢者はもともと血圧が高く動脈硬化が進んでいる人が多いので、夜中や明け方に起きてトイレへ行くときは、十分に気をつけてください。
 室温を低くし過ぎると体調も崩しやすくなります。暖房費は気になるところですが、無理をせず暖かいお部屋で寒い冬を乗り切りましょう。


出典
・マイナビニュース
 https://news.mynavi.jp/article/20181209-738362/
・at home 業界ヘッドライン

ページトップへ戻る